つれづれ旅心 ・南国ペナンをあとにして

アクセスカウンタ

zoom RSS スーダン料理

<<   作成日時 : 2011/12/05 14:44   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

留学生のカーリッドから、家に来てほしいと電話をもらった。
彼はスーダン人の国費留学生。
大学院で灌漑設備の設計を研究していて、今月中に博士論文を書き上げないといけないらしい。

忙しい合間を縫って、食事に招待してくれた。
家族は奥さんと2歳になるモハメッド。
アラビア語しか話せないので、近所に親しい友達がいないので、カーリッドのいない日中は母子で過ごしている。
そのためか、モハメッドはお母さんべったり。人見知りが激しい。
同じ年頃の子どもたちと遊べる環境が作れないかと、老婆心が気を揉む。

自宅は3DKの県住を国費生用に借り上げているので、家賃は通常の半額を負担すればいいとのこと。
でも、親子3人で月15万円では、厳しいと思う。

国の平均月収は2万円。カーリッドは国家公務員の技術職とのことで、月給は6万円位もらっているらしい。
結婚式の写真を見せてもらったが、伝統衣装ではなくウェディングドレスとタキシードで、招待客は500人だったとか。
そんなに大勢のお客さんに、食事はどうするの、と尋ねたところ、ボックス入りのものを配るのだそう。。
国元では、エリートのようですね。

物価の高い日本では暮らしにくいでしょうに、かなり張り込んだのではないかしら。テーブルには所狭しと、お料理が並べられていて、思わず生唾が......

肉類はハラールのものでないと食べられないので、食材の入手には苦労すると思うけど、鶏肉だけは近くの業務スーパーで売っているとのこと。
今日のごちそうは、鶏のから揚げ、ピーマンやトマトにご飯を詰めたもの、スーダン式ポテトサラダ、鮭のグリル、
鶏のスパイス煮込み、などなど。
すべて奥さんの手料理。これだけの腕前があれば、レストラン開けるわ!!
スパイスも強すぎず、辛さも程よく、美味しく頂きました。ごちそうさま。

お土産に、スーダンの民族衣装とサンダル、と白髪染めにとヘナもらって、お腹いっぱいで帰ってきました。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーダン料理 つれづれ旅心 ・南国ペナンをあとにして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる