つれづれ旅心 ・南国ペナンをあとにして

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港の大仏様

<<   作成日時 : 2011/11/11 21:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

香港と言えば、100万ドルの夜景。
それ以上に美しいのは、神戸の夜景。自称1000万ドル。(どこの国のドルか知りませんが)
デフレに苦しむ日本ですが、夜景の値段だけはインフレのようでして...。
確かに空気の澄んでる冬の神戸の夜景は値打ちものです。

話が逸れてしまいました。

香港の夜景を楽しむには、香港島のビクトリアピークに登るのもいいし、九龍側からだと、尖沙咀東部海濱公園から対岸のビル群を眺めるのもグー。夜遅くまで賑わっています。
香港も交通量が多いので、地下道があちこちに出来て、エレベーターも設置され、バリアフリー度がアップしていました。

さて、今回の香港旅行の目的は、「飲茶」だったので、食べている時以外は、フリータイム。
主な観光スポットは行ってるし、大陸中国に足を伸ばすには日にちが少なすぎる。

ホテルの部屋に観光案内パンフレットがあったので、開いてみると、大仏様の写真が目に入った。
空港のある大嶼山(ランタオ島)に大仏像があって、新しく開通したロープウェィで行くことができるという。

シティーホールの美心皇宮で飲茶の後、MTRを乗り継いで行ってみた。
昴坪からロープウェィに乗り、約25分。
人気の新観光地らしく、ロープウェィのチケット売り場にたどり着くまで、並ぶこと1時間。
チケットを手にしてから、ゴンドラに乗るまで、またまた長蛇の列。
白人、インド系、中国系...さまざまな言語でのおしゃべりが聞こえてくる。
ブリティシュ・コロニアル・ホンコンから中国に返還された香港になってエキゾチックさは薄れたような気がするけど、やはり国際都市だと思う。

ゴンドラは2種類あって、足元が透けてるクリスタルカーと普通の床。
もちろんクリスタルカーの方が人気がある。(料金は高いけど、真下の海や山が見えるのでスリルが満点)


ゴンドラを降りると、そこは仏教テーマパークだった。
昴坪高原と呼ばれる当地に、寶蓮寺という香港最大の仏教寺院と天壇大仏があって信仰の中心地だったところが、観光スポットとして再開発された様子。
大仏像は268段の石段を登ったところに鎮座し、大仏の高さは台座を含め34メートル。1993年に建立されたとか。中に仏舎利が納められている。

石段の登り口に入場券(拝観料)売り場があり、大仏の中に入ることができる。
面白いのは、入場料を払うと、もれなくボトル入りの水とアイスクリームが付いてくる。
大仏様の足元で、アイスクリームを頬張りながら周囲の景色を眺めるのも、なんかしっくりこないものがあったわ。
でも、良いお顔をした大仏様でした。

画像




画像




画像




画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港の大仏様 つれづれ旅心 ・南国ペナンをあとにして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる